個人的に作っているツールで、OCamlでどうやってDDDをやっていくか?ということを考える中で、 Domain Modeling Made Functionalというそのものズバリな本の存在を知りました。そこまで高くなかったので購入して読んでみたので、感想を書いてみます。

どんな内容?

すごい簡単に書くと、 F#でDDDをやっていく時のノウハウが詰まっている 本です。たいていこういう本はScalaとかHaskellで書かれている印象(偏見)なので、F#というのが中々ニッチな印象でした。

ちなみにF#を知らない方のために紹介だけしておくと、F#は以下のような特徴を持つ言語です。

OCamlを使っている人間としては、F#の文法は若干の違和感を感じるくらいで、特に読みづらさとかは感じませんでした。

もうちょっと細かい内容

概ね、以下順で進んでいきます。

  1. DDD自体の解説
  2. 仮想プロジェクトを使ったDomain導出の流れ

    この部分が、対話形式になっていてなかなか面白いです。また、ダイアグラムなどをあえて使わず、擬似言語を用いてユビキタス言語やビジネスの制約とかを書き下しているのが印象的でした。やってみたい

  3. ドメインをどうやって型に翻訳していくか

    ここからが関数型言語(特に代数的データ型を持つ言語)でどうやってドメインを型にしていくか、という話題です。この時点では実装を一切考えず、ビジネス要件を型の表現力でどう表現するか?に注力しています。

  4. ワークフローをどう表現するか

    ビジネス上のワークフローを、小さいstepという関数で表現していくか、という内容です。ここでも実装そのものは行わず、step/work flowをひたすら型で表現していきます。

  5. 型に対する実装

    ドメイン自体、そしてワークフローに対して行った大量の型をどのようにつなぎ合わせていくか、という内容です。ここから実装が登場します。バリデーションやエラーを扱う話題もあります。

    関数でワークフローを表現した時、stepの依存などをどのように扱うか、という内容もあります。関数適用をDependency Injectionとして利用するなど、関数型言語で一般的なテクニックなども紹介しています。

  6. エラー実装、永続化、シリアライズなど現実的な内容それぞれ独立した章に分かれていますが、全て実装に関する内容です。

    エラーでは、主にResultをどう扱うか、Resultをどう繋げていくか、といった実践的な内容となっています。永続化、シリアライズでは、DBやJSONへのシリアライズなど、主にWebアプリケーションで扱いそうな内容を多く扱っています。

特に印象に残った点

DDDに当たる部分は、Evans本やIDDD本を読んでいれば、ある程度は読み飛ばしてしまっていいと思います。そこ以外で印象に残っていたり、参考になったものがいくつかあります。

関数型言語でもDDDをやりたい人にはオススメです

DDDをJavaとかC#、他の言語ではやっているけど、関数型言語ではどうやるんだろう、Monadとかよくわからない概念のオンパレードになるんじゃないか、とか思っている人にオススメです。

私はこれを読んでから自分のアプリケーションを見直してみたら、ドメインルールが普通に流出していたり、型で表現しきれていない部分を大量に見つけました・・・。大分絶望感に襲われましたが、いい経験と思って書き直してます。

いかにして、シンプルな型で表現していき、ビジネスの制約やルールを生きたドキュメントにするか、という点に力点を置いているので、そのポイントを押さえるだけでもかなりの価値があるのではないかと思います。