個人的には2年くらい前から Ergodox EZ を使ってきました。セパレート式に目覚めたのはこれが契機で、自宅も仕事場もErgodoxに統一しています。ただ、不満がないかというとそうでもなく、よりよいキーボードを探していました。 そんなとき、半年くらい前から自作キーボードが非常に賑わって来ていることに気づきました。これはムーブメントに乗るしか無い!と半年遅れくらいで乗ることにしました。

Ergodoxの不満

自作するにも、まずErgodox自体の不満である点をあぶり出す必要があります。最近の使い方を鑑みると、次のような不満がありました。

など、使っていくうちにどんどんデッドキーが多くなっていきました。それと、個人的にもqmk_firmwareの挙動に慣れてきたりして、レイヤーを使いこなせるようになってきたことが大きいです。

自作候補

色々ありますが、以下のような選定基準にしました。

見つけた範囲だと、以下のキーボードがドンピシャのようでした。

今回は、丁度在庫が復活したので、Irisを組んでみることにしました。crkbdの方も、在庫が復活したら買う予定です。限度額が余ってれば。

注文内容

Keeb.ioでだいたい注文しました。

キーキャップは、参考サイトにあった ジェイダブル から買いました。変に凝ったら素で 10k円 いってしまった・・・。なお軸は赤軸です。軽い+リニアなのがいいのです。

工具類とUSBケーブルはAmazonで揃えました。

総計で 30k円 くらいいってます。Ergodox EZよりは安いと言えば安いけれども・・・

届いたら

ビルドログをあげようかと思います。蜂蜜小梅配列を使う都合上、LEDは一切付けませんので、どっちかというと配列の話になるかも?